进口实验室仪器·耗材网欢迎您!登录快速注册

采购/咨询热线:

400-666-2192(长途免费)

同类品牌
最近浏览
玻璃器皿容器 共有8912件商品
< 下一页
  • 透明石英试管 标准管Q-28透明石英试管 标准管Q-28

    编号:TG-0988162524

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-26透明石英试管 标准管Q-26

    编号:TG-0988162523

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-22透明石英试管 标准管Q-22

    编号:TG-0988162521

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-17透明石英试管 标准管Q-17

    编号:TG-0988162517

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-16透明石英试管 标准管Q-16

    编号:TG-0988162516

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-30透明石英试管 标准管Q-30

    编号:TG-0988162525

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-24透明石英试管 标准管Q-24

    编号:TG-0988162522

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-15透明石英试管 标准管Q-15

    编号:TG-0988162515

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-18透明石英试管 标准管Q-18

    编号:TG-0988162518

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-11透明石英试管 标准管Q-11

    编号:TG-0988162511

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-13透明石英试管 标准管Q-13

    编号:TG-0988162513

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-6透明石英试管 标准管Q-6

    编号:TG-0988162506

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-14透明石英试管 标准管Q-14

    编号:TG-0988162514

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 石英载玻片 26×76×1.0t 10枚石英载玻片 26×76×1.0t 10枚

    编号:TG-0483162612

  • 透明石英试管 标准管Q-9透明石英试管 标准管Q-9

    编号:TG-0988162509

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 石英セル 四面透明 10×10×45H石英セル 四面透明 10×10×45H

    编号:TG-0309150325

  • 透明石英试管 标准管Q-7透明石英试管 标准管Q-7

    编号:TG-0988162507

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-3透明石英试管 标准管Q-3

    编号:TG-0988162503

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-1透明石英试管 标准管Q-1

    编号:TG-0988162501

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 石英载玻片 26×76×0.5t 10枚石英载玻片 26×76×0.5t 10枚

    编号:TG-0483162611

  • 石英セル 四面透明 3×10×45H石英セル 四面透明 3×10×45H

    编号:TG-0309150323

  • 透明石英试管 标准管Q-19透明石英试管 标准管Q-19

    编号:TG-0988162519

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-20透明石英试管 标准管Q-20

    编号:TG-0988162520

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-10透明石英试管 标准管Q-10

    编号:TG-0988162510

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-12透明石英试管 标准管Q-12

    编号:TG-0988162512

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-4透明石英试管 标准管Q-4

    编号:TG-0988162504

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-8透明石英试管 标准管Q-8

    编号:TG-0988162508

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 透明石英试管 标准管Q-2透明石英试管 标准管Q-2

    编号:TG-0988162502

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 石英载玻片 26×76×2.0t 10枚石英载玻片 26×76×2.0t 10枚

    编号:TG-0483162613

  • 透明石英试管 标准管Q-5透明石英试管 标准管Q-5

    编号:TG-0988162505

    • 天然水晶を原料とし特殊方法(酸水素熔融・电气熔融・合成熔融)で熔融加工しました。
    • 略号Q-200まであります。
    • 光学的性质
    • 波长0.2~3.5μまで、紫外・可視・近赤外に渡り玻璃内ですぐれた透过性を持っています。
    • 热的性质
    • 线膨張係数は5.4×10-7(0~100℃)と非常に小度く磁器や硬质の玻璃の1/6~1/20です。
    • JISによる耐热试验では、1200℃。实際の使用には残留ひずみや制品の形などにより差があり、クラッキングゾーンの温度差以下の使用が安全です。
    • 一般的に石英玻璃の軟化性・徐冷点・ひずみ点はそれぞれ1590℃・1100℃・1000℃です。
  • 石英セル 四面透明 20×10×45H石英セル 四面透明 20×10×45H

    编号:TG-0309150326

  • 石英セル 四面透明 5×10×45H石英セル 四面透明 5×10×45H

    编号:TG-0309150324

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...最末页
总计 8912 个记录
所有分类